朝風呂は体臭予防に効果的?間違ってはいけない知識も紹介します!

朝のシャワーを浴びるからと言って、前日お風呂に入らなくていいわけではありません。この朝シャワーをすることで寝てる間に出た汗や体液を洗い流し時自分の体臭を、洗い流した状態で出勤や通学することができます。自分は汗をかかないという人でも人は必ず、寝てる間に自分の体液を出しています。ですから寝起きの自分の匂いは汗の匂い、汗臭いとかではなく自分の匂い、体臭をまとった状態なのです。体臭は、気にならない人もいますが自分の匂いを気に入っている人はそうはいないでしょう。朝シャワーは、別にシャンプーなどは必要なく、洗い流すだけで匂いが取れるので簡単です。

朝風呂は簡単にできて、瞬時に臭いがとれる。

まず、朝にシャワーをあびることによって体が目覚めます。体臭以前に、1日の最初として最高のスタートを切ることができます。次に、なにより体臭、汚れがもう一度取れるといううこと。匂いが消えることで、香水などの匂いをつけるときもさっぱりした状態でつけることができます。体臭をまとったまんま香水などをかけてしまうと、体臭と混ざり合い、香水本来の匂いではなく、他の匂いへと変わってしまう可能性もあります。そのほかのメリットとしては、シャンプーを使わなくても簡単に臭い匂いを取れるということです。夜のシャワーは当然シャンプーを使いますが、寝ているときだけの汚れと匂いなので、朝のシャワーは洗い流すだけで大丈夫です。そのため簡単に体臭を対策できます。

シャワーを浴びないと自分の体臭をさらけ出すことになる

まず、寝ているとき自分では体臭をまとっていることに気づきません。そのため、意識しないと体臭というのは変わらないのです。そのため、気づかないまま公の場所に出てしまうと自分の体臭をさらけ出すことになります。

誰もが経験があると思いますが、自分の匂いには気づかなくても、他人の匂いには敏感です。そのため、この人ちょっと嫌な臭いがするなと思ったら、人は距離を置こうとします。

そうなったら、自分の有効関係もうまく気づけないし、社会的に大変な目にあうかもしれません。また、学生ならばいじめの対象になる可能性もあります。誰もが持つ、体臭が原因でいじめにあうなんてそんな悲しいことはありません。体臭は、どうにかなる問題ですから、ちょっとの工夫で直していくべきです。

朝の時間の使い方、風邪を引くリスクを知っておこう

朝にシャワーを浴びるということは、それなりに朝の時間を犠牲にします。いつもよりも、早くおきないと遅刻や悪影響を及ぼす可能性もでてきます。うくらその臭いを取りたくても、時間がなければシャワーを浴びている時間などありません。時間に余裕を持って行動しなければ、シャワーを浴びている時間はありません。また、朝のシャワーを冬にする場合、大変湯冷めや風邪をひく可能性が高まります。朝は夜よりも冷えますから、洗面所に暖房を持っていく、部屋をあらかじめ暖かくしておくなど、対策が必要です。暖房が必要で、さらにシャワーも浴びるとなると、やはり時間との勝負になるとおもいます。今のこの時間でシャワーを浴びることはできるのか考えながら朝を過ごす必要があるでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です