デオドラントスプレーと汗拭きシートは併用すれば効果倍増?本当に臭いは消える?

臭いの元となる汗や細菌を汗拭きシートで拭きとってから、上からよりサラサラにし、ふんわり良い香りをまとうためにデオドラントスプレーを吹きつけることにより、除湿・除菌のダブル効果が得られます。

出来れば汗拭きシートとデオドラントスプレーは同じ系統の香り(石鹸なら石鹸、ジャスミンならジャスミンなど)を使用した方が香り同士の喧嘩が少なくて済みます。

汗は知らず知らずのうちにかいているので、外出時はこまめにふき取りこまめにスプレーすることが重要です。私の場合、家用に据え置きの沢山入った汗拭きシートと大きいボトルのスプレー、外出ように100均などで売っている10~20枚入りの携帯シートと小さいボトルのスプレーを持ち歩いています。

比較的安価でコスパが良く長持ちする

この二つの組み合わせは比較的コスパが良いと思います。
デオドラントスプレーは、シーズン中は大小セットで売られているメーカーも多く、セットで購入しても800円前後でしょう。
汗拭きシートは、家用の据え置きタイプであれば、薬局などで安くなっている時にお気に入りのメーカーのモノを購入すれば1日1~2枚の消費で1~3か月もちます。
外出用は鞄に入るサイズの数十枚入りのものを何個か購入しておくと便利です。(私自身は100均のモノで十分ですが、肌に合う合わない、香りの好き嫌いがあると思うので大量購入は避けましょう)
あとは働いている方であれば職場用に、据え置きのシートとスプレーがあれば完璧です。

こまめに臭い対策をして、常に好きな香りの自分でいられるとうれしいですね。

胸元や脇に汗をかいてしゃがんだ時にム~っとした香りがする

私の場合ですが、薬局に勤めているため、常に普通の服の上から白衣をきて仕事をしています。
薬局という場のため、もちろん体調が悪くて来ている患者様がほとんどであり、夏であってもガンガンに冷房がかかっているわけでなく、いわゆる弱冷車くらいの気温を保っています。

通勤時に白衣を着る事を考えて超薄着!にできれば良いですが、残念ながら会社の方針で女性のノースリーブでの通勤は禁止です。(男性に至ってはYシャツ着用が義務づけられています)
そしてちゃんとした更衣室もないため、白衣をきる前に、トップスを脱ぐ事もできません。
ゆえに、それなりにちゃんとした夏服の上に白衣を着るという暑いスタイルでの仕事になるので、汗をかいてしまいます。
夏場は水分補給という名目で、1~2時間に1回、交代でお茶を飲む時間をくれるので、その時に汗対策を行います。
行わないと、自分自身がしゃがんだ時などに、ムワっといや~な香りが胸や脇からしてくるのが分かります。

患者さまと対話をするので、その時に「この人臭い・・・」と思われないようにしています。

初めて買うメーカーや香りは大量購入しない事

香りがするものであり、自分の肌に直接つけるモノでもあるので、香りの好き嫌い、肌に合う合わないがでてくると思います。そのため初めて買うモノに関しては安いからと言って大量買いはやめておきましょう。
シートであればそのまま燃えるゴミにポイでよいですが、スプレーであればベランダなどでを全部抜いてから捨てないと爆発などの危険もあります。自分の嫌いな香りを全部出し切るのは結構辛いですよ。

また、夏場車の中に放置しておくのも危険です。
職場が一つの部署に固定されていてロッカーなどがあればそこに置いて置けるのですが、営業などで移動を伴う方は、夏の車内は40度越えは当たり前です。長時間放置しておくと、スプレーは危険を伴いますし、シートも乾いてしまう可能性があります。こういった方は常に鞄にいれてもちあるく方が良さそうです。
こまめに臭い対策をして、夏を乗り切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です