汗をかいたらデオドラントシートでしっかり拭き取ろう

わきの下や、耳の裏などを拭くことで汗をかいたとき特有の汗臭さがなくなります。

また、今時の大きめのデオドラントシートは一枚で体を拭ききることができますので、わきの下、耳の裏、股の周りなど臭いの発生しやすい箇所を汗をかいた後に早い段階で拭くことで臭いの発生、増長を防ぐことができます。

また、以前はサイズが大きくても含んでいる香料や化粧水成分等の水分が少なかったので拭いたけれども、やっぱり何かベタベタする気がしたりすることもありましたが、最近では化粧水成分をたっぷり含ませたものが主流になってきましたので、ほどよくしっとり、さっぱりとした気持ち良さが残り気分的にも気持ちがいいです。

デオドラントシートを使って体臭対策

よく体臭対策でデオドランリキッドのようなものもあるのですが、どうしても水分なので背中や首の後ろなどうまく塗れない箇所が出てきてしまいます。また、スプレータイプですと噴霧した際の音が出てしまったり、スプレー特有のガスのむせる感じもあったりして使用シチュエーションを考えると万能ではありません。しかし、デオドラントシートの場合はシートにデオドラント成分や清涼剤を浸していますので、ハンドタオルで拭くような感覚で背中や首の後ろなどリキッドタイプではうまく塗れない箇所をカバーすることができます。また、スプレータイプと違って使用時の音もしませんので、周りに音を配慮したいシーンでも使うことができます。基本的にはからだ用、全身用と表記されているものがほとんどですが、気にしない方は顏を拭いても特段問題ありません。つまり一枚で顔から全身まで臭いをカバーできてしまうのです。

時間がたつごとに体臭が出てしまう。

汗を拭きとらなければ残った汗はほとんど衣服が吸収してしまいます。特にわきの下やひざのうしろなどは、間接の曲げ伸ばしに伴い、無意識的に何度も衣服と汗をかいた肌が密着しますのでそのたびに、汗をかいた肌を衣服に押し当てるような形になってしまいますし、そこが臭いの発生ポイントになる可能性があります。また、汗は皮膚にのこったあと皮脂や垢等と交じり合ったあとに常在菌等の細菌類が分解しますが、この分解時に臭いが発生すると言われており、汗を拭きとらないといことは自らこの臭いの発生サイクルに協力していることになります。ですから、汗が皮脂等と交じり合う前に事前に汗をふきとってしまえば臭い発生の材料を摘み取ることができます。

デオドラントシートの清涼度と香りに注意

デオドラントシートのなかにはエクストラクールや超絶クールタイプのように清涼感をあえて強めに設定しているものがあります。基本的にはメントール等の清涼成分が主ですが、敏感肌の人などはこれにより皮膚がヒリヒリしたような感覚になったり、使用時にピリピリしたりする方がいます。日焼けで皮膚が皮むけしている、あるいは皮膚が炎症を起こして赤くなってしまっているような方も痛みや肌にしみたりといった原因になりますので、このような方も清涼度の高いタイプのものは避けた方が無難です。
そういった方はスタンダードな清涼感のものや低刺激タイプ等の肌にやさしいタイプを購入することをお勧めいたします。また今ではほとんどが何かしらの香りづけしてあるものがほとんどですが、サービス業や飲食店勤務の方などはあまりキツい臭いや万人受けしない香りのものはクレームのもとになったりしますので避けた方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です