朝風呂上りから消臭対策に直行スプレー

朝にお風呂を入る時は、サッパリしますがその後には汗がダラダラと出ます。
なので、汗臭は出掛ける前から感じてしまいテンションが下がってしまうのです。
なので、朝にお風呂を入った際に水気を拭き取った後には制汗スプレーを付けると涼しいですし、何より臭いがしなくなる時間が長く続くのでお風呂上りに制汗スプレーを使うと効果てきめんな午前中を過ごせるので良い方法です。
しかも、制汗スプレーをお風呂上りに使う事で汗も出にくくなります。
それは、毛穴がひろがっている所に制汗剤がまんべんなく降り注いでくれるからです。
そのため長時間汗をブロックしてくれ臭いもガードしてくれるのです。

最大のメリットは制汗スプレーでの毛穴のコーティング

お風呂上りで直ぐに制汗スプレーを使う事でメリットはめちゃめちゃあります。
まず、お風呂上りでほてった体を涼しくしてくれる事や汗の臭いを瞬時に抑えることで午前中から汗の臭いに困ることはありません。
また、何度も制汗スプレーを使わなくていい所がいいです。
臭いを気にして何度も制汗スプレーを使っていては、肌にもよくありませんので、使うなら最短の方法が良いと感じるのです。
その時に朝のお風呂上りで直ぐに制汗スプレーをつけると長持ちしますし、汗で制汗スプレーのパワーが流れる事もないのです。
それは、スプレーした時に冷たく感じて毛穴がキュッと閉まり制汗剤を付けたままの状態で毛穴がいてくれるから他ありません。
そんな所が朝に使う制汗剤のメリットなのです。

汗が出て臭いがもどることで何回もスプレーする

朝に制汗スプレーを使わなかった時は、毎朝脇の汗が出て臭いが戻ってしまうでしょう。
それも、制汗スプレーしたはずなのに何度も臭いは逆戻りしてしまう現象が起こってしまいます。
それは脇の毛穴を制汗剤で朝のお風呂上りにスプレーしないからなのです。
これは、お化粧する時と一緒で化粧水をつけない事と同じ事なのです。
それは、制汗剤で脇の毛穴にスプレーしないと汗がドンドン出てきてしまいます。
その後に制汗スプレーを使っても汗の上から制汗スプレーをしているだけなので、全てシャツ等に染みつくだけなのです。
また、汗にはお風呂に入っても菌が発生しています。
そんな汗が染みついたシャツは臭いの宝庫なのです。
なので、何回も制汗スプレーをしてしまう結果になってしまいます。

制汗スプレーは距離が大切で効果もある他肌の色を付けにくくする

制汗スプレーでの臭い対策は距離が大切です。
それは、ニオイの元になる汗を瞬時に乾かすこともさることながら、制汗スプレーの威力にあります。
その威力とは、ワンプッシュでの低温風圧威力です。
その威力があるので、使い方は大切になるのです。
そうしない後に大変な事になります。
それは、肌につく色です。
制汗スプレーを使う事でダーメージとして一番最初に現れるのが皮膚へのダメージなのです。
そのダメージは一回起こると中々治らない他、色濃く脇に残り目立つ存在になるのです。
その為に制汗スプレーの距離はシッカリと守らなくてはなりません。
距離をしっかり守れば心配ないでしょう。
また、皮膚の色が変わってしまう事で臭いも変化するので注意です。
この臭いの変化は強くなるだけですが、一気に増す臭いになるので悩みの一つになってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です