汗の臭いが気になる前にミョウバン水がおすすめです!

ミョウバン水を使うと、汗をかいたときの臭いをあらかじめ予防出来ます。
個人差はありますが、低コストなうえに低アレルギーリスクでの使用が可能です。

また、発汗そのものをあるていど抑制することが出来ます。夏場などの発汗が活発になる時期にも有効ですし、少ない金額で沢山のミョウバン水を作ることが出来ますので、身体のさまざまな気になる部分にまんべんなく使用する事が出来ます。
自分の汗の臭いが気になる前に身体につけておくことで、汗の臭いを気にせずにいつも以上に行動的になれます。
もともと食品でもあるミョウバンを使用しますので、使用にも安心感があります。

ミョウバン水は安心・安全で低コストです!

ミョウバン水のメリットは大きく分けて3つあります。
まず一つ目は「安心感がある」ことです。もともと食品添加物であるミョウバンを使用して作るために、市販の制汗剤などに比べてより身近で安心感があります。

2つ目は、「手軽に作って試せる」ということです。原料のミョウバンはたいていのスーパーで販売していますので、実際に買って作ってみるためのハードルがとても低い特徴があります。

そして3つ目は「とてもコストが低い」ということです。
原料のミョウバン自体はとても安く手に入れることが出来る上に大量に作れます。そしてただ安いだけではなく、ちゃんと身体の臭い対策になるのです。
さらに、靴などの身につけるものの臭い対策としても使うことが出来ます。ミョウバン水ひとつでさまざまな臭いに対して効果がありますので、とてもお得です。

つけない時よりも汗の量が増え、臭いも気になります。

ミョウバン水を使わない場合、考えられる影響はおおまかに言って2つあります。

1つ目は「制汗作用」です。
ミョウバン水には、身体から出る発汗量を抑制する効果があります。
ですから、もしつけない場合は、つけた時と比べて汗の量が増加するでしょう。夏場や湿度の高い場所での影響などは特に大きいと思われます。

また、2つ目は「身体の臭いが気になる」です。ミョウバン水は消臭効果を持っています。
つけない場合は身体からかいた汗が、時間とともに臭いに変わっていきます。汗そのものは臭いがありませんが、汗に含まれる物質が周囲の物質と化学変化を起こし、気になる臭いになります。
あらかじめミョウバン水を使用しておくことで、それらの嫌な臭いや発汗を抑制することが出来ます。

自分の体質に合うか、事前の確認が必要です。

ミョウバン水自体は食品添加物にも使われる安全性の高いものですし、古くから制汗や消臭に使われてきた長い歴史もあります。
ですが、アレルギーなどの個人差がある可能性もあります。たいていの人にとっては無害で便利なものですが、あらかじめ体質に合うのか確認した方がより安全です。
そのため、薄めのミョウバン水を作ったら自分の肌につけてみて、アレルギーなどの反応が無いか見てみましょう。万が一、肌に変化などがあれば、使用は中止したほうがいいと思います。

ただ、ミョウバン水自体は自分の身体につけるだけではなく、靴などの身につける物の臭い対策にも使えます。
靴にスプレーなどでふりかけたり、汗の臭いが気になるものにあらかじめスプレーして乾かしておくことで有効に活用することが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です