出かける前は必ずデオドラントスプレーを持って外出しよう

最近は真夏日が多いので少し歩くと大量の汗が出やすいです。服ににじんだ汗から布越しに臭いがしないか気になったり、つり革に掴まった時脇から嫌な臭いがしないか、周りの人に不快に思われていないかが気になり、腕を挙げるのが恥ずかしいです。スプレーをすると同じように汗をかいても自分でも臭いが気になることが少ないです。近くで人と話したり、電車で隣に人が座っても気にすることなく過ごせます。特に外で長時間歩いたり動いて過ごすときは携帯用のスプレーを持ち歩き、気になるときトイレなどでこまめにスプレーすることで消臭することが出来ます。

スプレーするだけで汗をかいても臭わない

汗をかくと臭いが気になってしまうので運動しにくい、汗をかかないように冷房の効いたところで過ごすなど汗をかくことに戸惑ってしまう場面が減ります。汗をかくことで身体の温度調節をしたり運動することで汗自体の臭いも減ることに繋がるのに汗をかかないようにするのはもったいないです。事前にスプレーしたり、運動後にスプレーする事で汗の不快な臭いを気にすることなく動けます。人に会う場面や人が密集する場所で自分の臭いが気になってしまい話に集中することができないなどの場面にも有効です。また冷却作用や爽やかな匂いが付いているものも多く、日中の暑い時や運動後の体温が上がっている時にスプレーすると冷たく気持ちも良いです。

汗をかくと自分でも臭いがわかって気になる

最近は30度を越える真夏日も多く少し動いただけでも汗が吹き出るような気候になっています。汗をかかないように気をつけても自然に汗は出てきます。運動不足や冷房の効いた場所で多く過ごすために汗の質自体が臭いを発する汗になっている事が多いです。人の密集する場所や電車、社内など気づくと自分の体臭が気になって困ります。また、気候の変動が激しく寒暖さが激しいので寒いと思い厚着をして出かけると意外と暑く、思わぬ所で汗をかいてしまったり着るものでの温度調整が難しいです。暑いと思い上着を脱ぐと大量に汗をかいていて自分の体臭が気になってしまいます。暑い日だけでなく湿度の高い雨の日などにもスプレーして出かけることで臭いが気になることを防げます。

スプレーの仕方や場所に気をつけて

脇や背中など特に汗をかきやすく臭いの気になる場所にはつい多めにしっかりと吹き付けておきたいと至近距離で長めにスプレーしてしまいがちですが、冷却作用のあるものも多く凍傷の症状が出る危険性があります。肌が弱く敏感な人は特に肌も荒れて赤くなることがあります。ジムなどのロッカーや共用の室内で使う場合、匂いつきのものは止めた方がいいです。匂いやスプレーした際の煙が室内にこもります。使用する場合はトイレの個室や事前に自宅でスプレーして行くのがいいです。また、汗をかいても流れ落ちにくくなっているので、汗をかく事がわかっている場合は事前にスプレーする方が汗の嫌な臭いを抑えてくれるので服等への臭い移りなども防げるので効果が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です