雑菌の繁殖を防いで体臭対策!何をすれば良いかまとめてみた

汗は放置すると洋服や顔に塩が吹きます。そうなると見た目の印象も清潔ではなくなり、自分でも匂いを感じてきます。ですので汗はすぐに拭き取ります。屋外から室内に入った際はトイレなどで拭き取れる汗は拭きとる。冷房で身体が冷えて汗が出なくなるまでこまめに拭き取ります。これをすることで匂いは洋服や肌に留まることが無くなります。それにより匂いが出づらくなります。人間は動物ですので匂いが出てしまうと、どうしても不快になってしまいます。相手を不快にさせてしまうと相手にとっても自分にとってもマイナスですので、人間関係を円滑にするためにも必要だと思い意識しております。

汗を拭き取ることで肌がサラサラに!

汗をふき取ることで体臭を防ぐことができます。その習慣を身に付けることで仕事の際は清潔感が出て、相手に好印象をお持ちいただくことができます。また、プライベートにおいても出会いの場面で体臭があると女性目線からしますと清潔感のない方はその時点で対象になりませんし、男性目線でも同じことが起こります。同性の友達においてもやはり体臭のある方とは一緒にいたく無くなりますので、社会において人と共に生きてゆくのであればエチケットは大事です。今あげたような全ての場面において汗を拭きとることでお肌がサラサラになり自分も気持ちが良いですし、友達、彼女、彼氏、家族、仕事仲間、クライアント様と全ての人間関係が円満になることがメリットです。

汗を拭き取らなければ体臭が出る!

体臭を拭き取らないと肌がべとべとになります。肌がべとべとになるとそれが乾き、肌の表面上に残る為塩を拭いて白くなり匂いも発生します。また洋服に汗が残ることで肌同様に白く塩を吹き匂いを発します。そうなりますとまず自分が匂いを発していることに気付くため居心地が悪くなります。また肌がベトベトしている為かゆくなることもあり、無意識に掻いたりしてしまいます。それにより肌が荒れたり、書いた際にできた傷に菌が入ることもあります。もちろん白く塩を吹いておりますので、見た目が悪く相手に悪印象を与えることになります。悪印象を与えるという事は自分の評価を落とします。まだ、自分が体臭を発していることに気付く場合は良いですが、気付かない場合は無意識で人に不快な思いをさせ、府のループに陥っていくことになります。

ハンカチなど汗を拭き取れるものを持ち歩こう!

夏場は大量に汗をかきやすいため、一枚のハンカチだけですと許容量をオーバーしてしまいます。汗でびしょびしょになったハンカチを使用すると、菌がついていますので肌に悪影響を与えてしまいます。それだけではなく、体臭にも繋がってしまいます。安いハンカチでも大丈夫ですので毎日複数枚のハンカチを持ち歩き、汚れたら新しいものを使用することで肌を清潔に保つことができます。使用したハンカチはできれば毎日洗濯をしてください。洗濯層でも匂いを発してしまうと家の中が不快週になってしまいます。肌を清潔に保つことで初めて相手も自分も良い気持ちになり、仕事も遊びも恋愛も楽しむことができます。エチケットとしてハンカチは1枚ではなく複数枚持つように気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です